無料トライアル
資料ダウンロード
無料トライアル
「マネージャーたちの自主的な動きが活発になりました」Wistantでアクションがより明確に。その変化とは?
Wistantの導入事例

「マネージャーたちの自主的な動きが活発になりました」Wistantでアクションがより明確に。その変化とは?

今回は、主にOKRと1on1の運用・改善にWistantをご利用いただいている、日本サカス株式会社様の導入事例インタビューをご紹介いたします。 Wistantを導入してから約1年が経ちましたが、目標を「言語化」することで自己成長を促進、さらに「見える化」することで新たな社内コミュニケーションのきっかけにもなっているそうです。

※インタビューの第二弾も公開中です。こちらも是非一緒にご覧ください。

▼インタビューさせていただいた方

日本サカス株式会社 総務リーダー 高橋 実穂 様

▼日本サカス株式会社様について

昭和54年設立。全国の水族館や商業施設向けに水槽・アクアリウム事業を展開、総合プラスチック加工も手掛けてに取り組んでいらっしゃいます。(公式サイトはこちら

「マネージャーが自主的にWistantを活用してくれるようになりました」

ーーはじめに高橋さんの自己紹介をお願いいたします。

私は、総務として人事や経理の業務を担当しています。

 

ーー今回は、どのような背景でWistantを導入されたのでしょうか?

弊社は、水槽の製造をメイン事業としているため、いわゆる「職人」として働くメンバーが多い企業です。よって以前は、営業職のように数値目標を立てて頑張るというより、会社に来ても各人で作業して帰宅する…というような雰囲気でした。

当時から目標設定は行っていたのですが、紙で管理していたので内容を忘れることも多く、進捗度合いも可視化されていない状況でした。また、互いにどんな目標を立てているのかもシェアされづらかったため、助け合うようなコミュニケーションも活発ではなかったんです。

日本サカス株式会社様_インタビュー写真.002

そこで、「一人ひとりが目標に向かって生き生きと、自律的に働ける環境をつくりたい」という思いから、2018年にOKRを導入しました。さらに、目標について話し合う場として1on1も導入したのですが、「普段の会話以上に、何を話していいかわからない」と形骸化してしまったんです。

そこで、会社としてOKRと1on1にしっかり取り組んでいこうという意を込めて、Wistantの導入を決めました。

 

ーー導入に関し、「社内にWistantが浸透するかどうか」などの不安はありましたか?

そうですね。当初はやはり社内のメンバーが使いこなしてくれるかどうか、といった不安はありました。導入した頃は目標を更新する人も少なく、どうしたら活用してくれるか? をカスタマーサクセス(以下、CS)の方に相談しながら考えていましたね。

そこで、まずはWistantに慣れてもらうことを目的に、毎週金曜の朝に「Wistantタイム」という時間を設け、ランダムに4人グループを作り、Wistantを見ながら、目標を立てた背景や達成に向けて取り組んでいることや悩みをシェアしてもらいました。

そこから、徐々に活用してくれる人が増えてきて。マネージャーが毎日Wistantに目を通して、メンバーの目標やメモにコメントを残すようになったんです。その後、タイムラインへの投稿も増えていって、各人が目標を意識する雰囲気が醸成されたと実感しています。

その一方、そもそもの目標の質が課題だったメンバーもいたため、OKRパーフェクトガイドブックを参考にしながら、目標設定のガイドライン資料を作成したり、CSの方にワークショップを開催してもらったりもしました。

▼OKRパーフェクトガイドブックのダウンロードはこちらから▼

OKRパーフェクトガイドブック

 

ーー目標設定ワークショップを受けて、メンバーの方々の反応はいかがでしたか?

「誰が見ても達成したかどうかがわかる」「行動そのものを目標にするのではなく、行動を通じて目指す結果を書く」など、基本的な立て方に具体例も交えて解説してもらったので、これまで以上に目標設定のイメージが湧いたようでした。

さらに、「上位目標と個人目標の方向性を揃える」というポイントを教わった際に、「そもそも上位目標のKRが抽象的で、個人目標の設定が難しい」という課題が浮き彫りになったんです。

すると、マネージャー陣が自主的に会議を開いて目標を修正するアクションが生まれ、メンバー全員でより良い目標設定をしようという雰囲気が更に強くなったのではないかと感じていますね。

▼ワークショップ内容の一部Frame 122-1

 

ーーそれは素晴らしい変化ですね。他には何か変わったことはあったのでしょうか?

一番大きな変化は、マネージャー同士が集まってメンバーをどう育成するか? を考え始めるようになったことですね。例えば、「1on1で会話が弾まない場合はどうしたらいいか」「成長目標だけ立てて、業務目標を立てていない人にはどのような会話をするべきか」といったことです。

最初は人事である私が色々と促すこともありましたが、次第にマネージャー陣が主体的にどうしたらメンバーの目標達成に寄与できるか? について考え始めるようになったことが、とても嬉しかったですね。

 

ーー自主的な動きが活発になるのは、とても良い変化ですね。最後に、一言お願いいたします。

Wistantを導入したことで、各人の「目標達成に向けて努力しよう」という姿勢が強くなったと感じています。Wistantの活用方法について私に質問がくるようになったことも、とても嬉しいですね。

ツールは運用が大変と言われますが、業務の中でWistantの活用を促す工夫や、目標管理・1on1のレベルを高めるためのワークショップ等のサポートもあり、徐々に成果があがってきているなと。事業部全体で目標に向かって進んでいこう、という雰囲気が今後も保たれると良いなと思います。

 

ーー導入後に良い変化を感じられているようで何よりです…!ありがとうございました!(了)

 

▼▼▼「ピープルマネジメント」についてより詳しく知りたい方はこちらもご覧ください▼▼▼

ピープルマネジメント実践・事例集をダウンロード

マネジメントの課題をデータで見る - Wistant
すぐに無料でトライアルしたい方 » 無料デモ
サービス内容を詳しく知りたい方 » 資料ダウンロード